スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

因子が付く条件?

あるときふと今所有している種牡馬を見ていて引退させた種はどういうパラだったのかが気になって所有馬ヒストリーを見ていると

因子が付いた馬が多いなぁ~と思い当時のことを思い出すと

生産経験が少ないのと初めての生産の仔達だったからよく覚えていました。

因子が付かなかった子達と因子が付いた子達との共通点がなんとなく浮かんだのでここに記したいと思います。

因子が付いた子達のデータを載せます。

イサン1 イサン2 イサン

アタック1 アタック2 アタック

カフカース1 カフカース2 カフカース



この子達の時期の牡馬が全部で5頭いました。

因子が付いた仔とつかなかった仔の違いは・・・・・・・・

ピークでかつ完璧に鍛え上げた状態で引退したか否かです

5頭の内3頭がピークでかつ完璧に鍛え上げた状態で引退した馬が上で載せた仔達です

残りの一頭は衰退のメールが来てすぐに種に上げたもののパラがよろしくなかったので何もせずに引退しました。

最後の一頭は徐々にの状態で引退して因子は付きませんでした。

これだけのことなのに何故成績詳細を載せたのかは後日書かせていただきます。

これからなぜ成績詳細を載せたのかの理由を綴らせて頂きます。

西部警察垢でのことなんですが上記と違う状態で因子がついた仔がいるんですよ。

まずデータの方をどうぞ

タマモリル1 タマモリル2 タマモリル

この仔は大門垢と違うところは全く育ててない状態で引退させたのに因子が付いたというところです。

この仔はやんちゃ徐々にの状態でスピード能力が一番いい能力でまだまだあがりますよというメールが来たときに引退しました。

調教は入厩時の併せ1回だけで後は騎手育成用にひたすらに走っていただけです。

これにより初めに上げた因子の付く条件は覆されました・・・・

これで考えられる条件は全くのランダムで付くのか馬経験地がフルの状態で付く可能性が出てくるのかということです。

このタマモリルが走った回数で馬経験地がフルになるのかは分かりませんがフルになったと見ています。

これのせいではっきり言って因子が付く条件は分からなくなりましたw

でも自分が付く可能性があると思うのは初めに上げたピークで完璧状態での引退馬経験地フルあげたいですね。

最後は無理やりになりましたがお許しくださいw

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。